投稿者「大本芳子」のアーカイブ

「給食共同調理場民間委託撤回を!」倉敷市の学校給食を良くする会が倉敷市に申し入れ

新調理場は、市内4ヶ所の調理場を集約し、倉敷市鶴の浦に12000食の新施設を2018年度に完成予定。そのための予算(民間委託のための調理業務委託料)の撤回を求めたものです。それを報じた地元「山陽新聞」の記事をご紹介します。

 


第33回 「聖良寛文学賞」授賞式

岡山県南地域で文学活動に功績のあった人に贈る「聖良寛文学賞」の第33回受賞者に天文学の香西洋樹氏、教育者・地方史家の佐藤圭一氏が選ばれました。今日はその授賞式が玉島市民交流センターで行われました。

佐藤圭一氏の推薦人である私にとって、氏の受賞はとてもうれしく、氏の晩年にいくらかのお花を添えることができ、これほどうれしいことはありません。本日受賞されたご両氏のますますの御健康をお祈りいたします。


12月13日、朝日新聞「天声人語」から

 

(「南京大虐殺記念館」の前庭にて=2007・10・27大本芳子撮影)

12月13日の朝日新聞「天声人語です。~▼どの国にも負の記憶はある。日本軍が南京で多くの中国人を虐殺したのが、80年前の今月である。記憶することの難しさと、忘却することの危うさ。ノーベル文学賞を受けた小説家が投げかける問いは、色あせることはない。▼記憶、とりわけ加害の記憶を受け止めるのは誰にとっても容易ではない。~

私はこの一文を読んで深く感銘しました。

 

 

 


きょう太平洋戦争開戦76年

きょうは、日本軍がハワイの真珠湾への奇襲攻撃を行い、アメリカを初めとする連合軍を相手に無謀な戦争に突入し、戦争を拡大した日です。

15年にわたる侵略戦争で、310万人の日本人、2000万人を超えるアジアの人々が犠牲になりました。その傷跡は今でも多くの人々を苦しめています。戦争の悲惨への思いを新たに平和の叫びをあげ続けることは戦争の誤りを繰り返さないために不可欠です。

(写真の赤紙は、召集令状です。この赤紙が来たら否応なく戦場に行かねばなりません。拒否すれば逮捕・処罰されることがこの赤紙の裏に明記されています)


第19回 中国問題文化講演会=「玉野に連行された中国人」

1943年4月以降、中国人約4万人が、日本の占領機関に自宅から強制連行され、全国135の事業所で強制労働をさせられた。その中700人が空腹と重労働で死亡。

岡山県玉野市の日比製錬所 には、133名が連行され強制労働。26人が死亡しました。私は初めて今年その慰霊祭に参加しました。

日中友好協会倉敷支部では、「連行された人々の尊厳と名誉を回復し、日中友好の懸け橋に」と学習会を計画しました。

 


核禁止条約「ICAN」平和賞 おめでとう

(写真は私の好きな「平和の群像」=小豆島土庄港)

今朝の朝日新聞「天声人語」より~ 『72年かけてたどり着いた禁止条約なのに、原爆を落とした国も落とされた国も批准しようとしない▼人間が手にいれてしまった破滅の火を人間が消していく。その道筋を示した禁止条例であり、平和賞である』~

この輝かしいノーベル平和賞に日本政府はコメントもできない。誠に情けない。

 

 


2017年 中国人殉難者追悼慰霊祭

戦時中の1944年8月、中国の北京市と河北省から133人が岡山県玉野市に強制連行され、三井鉱山日比製錬所で銅鉱の運搬等の役務に従事させられました。

この強制労働の中で24人作業中の事故や栄養不良による衰弱や病気で亡くなり、戦後帰国する船中でも1人が亡くなりました。この岡山でも中国人が戦争の犠牲となったのです。戦争の犠牲となった中国人25人の方々を追悼し、悲惨な事実を忘れることなく、歴史を鑑とし未来への教訓とするため表記慰霊祭が行われます。

★  と き  2017年10月14日(土) 13:30~16:00

★  ところ  興楽山常光寺観音院(玉野市日比2-1-12)

★  14:30~  強制連行の歴史を学び後世に伝える集い

シンポジュウム  「中国人強制連行と岡山」

★  中国人殉難者追悼慰霊祭実行委員長  玉野市日本中国友好協会 会長 福田 通雅