投稿者「大本芳子」のアーカイブ

きょう太平洋戦争開戦76年

きょうは、日本軍がハワイの真珠湾への奇襲攻撃を行い、アメリカを初めとする連合軍を相手に無謀な戦争に突入し、戦争を拡大した日です。

15年にわたる侵略戦争で、310万人の日本人、2000万人を超えるアジアの人々が犠牲になりました。その傷跡は今でも多くの人々を苦しめています。戦争の悲惨への思いを新たに平和の叫びをあげ続けることは戦争の誤りを繰り返さないために不可欠です。

(写真の赤紙は、召集令状です。この赤紙が来たら否応なく戦場に行かねばなりません。拒否すれば逮捕・処罰されることがこの赤紙の裏に明記されています)


第19回 中国問題文化講演会=「玉野に連行された中国人」

1943年4月以降、中国人約4万人が、日本の占領機関に自宅から強制連行され、全国135の事業所で強制労働をさせられた。その中700人が空腹と重労働で死亡。

岡山県玉野市の日比製錬所 には、133名が連行され強制労働。26人が死亡しました。私は初めて今年その慰霊祭に参加しました。

日中友好協会倉敷支部では、「連行された人々の尊厳と名誉を回復し、日中友好の懸け橋に」と学習会を計画しました。

 


核禁止条約「ICAN」平和賞 おめでとう

(写真は私の好きな「平和の群像」=小豆島土庄港)

今朝の朝日新聞「天声人語」より~ 『72年かけてたどり着いた禁止条約なのに、原爆を落とした国も落とされた国も批准しようとしない▼人間が手にいれてしまった破滅の火を人間が消していく。その道筋を示した禁止条例であり、平和賞である』~

この輝かしいノーベル平和賞に日本政府はコメントもできない。誠に情けない。

 

 


2017年 中国人殉難者追悼慰霊祭

戦時中の1944年8月、中国の北京市と河北省から133人が岡山県玉野市に強制連行され、三井鉱山日比製錬所で銅鉱の運搬等の役務に従事させられました。

この強制労働の中で24人作業中の事故や栄養不良による衰弱や病気で亡くなり、戦後帰国する船中でも1人が亡くなりました。この岡山でも中国人が戦争の犠牲となったのです。戦争の犠牲となった中国人25人の方々を追悼し、悲惨な事実を忘れることなく、歴史を鑑とし未来への教訓とするため表記慰霊祭が行われます。

★  と き  2017年10月14日(土) 13:30~16:00

★  ところ  興楽山常光寺観音院(玉野市日比2-1-12)

★  14:30~  強制連行の歴史を学び後世に伝える集い

シンポジュウム  「中国人強制連行と岡山」

★  中国人殉難者追悼慰霊祭実行委員長  玉野市日本中国友好協会 会長 福田 通雅

 


山陽新聞さんの議会質問報道記事について思うこと

私の愛読新聞「山陽新聞」さんの「議会質問報道」記事を読んでいつも思うのですが、岡山県議会については、その日の質問者全員の発言とそれに対する当局答弁が翌日報道されていますが、倉敷市議会についてはそうではありません。

翌日市議会質問報道として報道されるのは、市長の「あれやります。」「こうします。」との答弁を引き出した人のみの報道です。(取りようによっては、市長のよいしょ記事)他の議員の質問は一切報道されません。どうして県議会と市議会とで報道の仕方に差があるのでしょうか。せめて各人の質問項目くらいは載せるのが市民サービスではないのでしょうか。


<9条の鐘> 玉島地区では4ヵ寺45人参加

玉島9条の会の要請にこたえて、毎年1ヵ寺ずつ『9条の鐘』の打鐘に賛同してくださるお寺さんが増えています。今年初参加の海徳寺さんでは、ご住職さんがみなさんを笑顔で迎えてくださいました。

この日玉島地区では、4ヵ寺45人が参加し『9条守れ』の鐘の音を響かせました。


市長の施政方針演説を聞いて思うこと

玉島テレビ放送で9月定例市議会の伊東香織市長の施政方針演説(提案理由説明)を聴き物足りなさを感じました。

それは来年4月に国民健康保険の運営主体が市区町村から都道府県に移る制度変更に伴い、加入者が支払う保険料が上がると予想される問題です。これは市町村にとっても、加入者にとっても大変なことです。

現在は市区町村の判断で保険料が決められていますが、来年度からは、保険料の水準の目安を都道府県が示しそれを目安に市区町村が保険料を決める方式に変更されます。倉敷市の場合値上げが想定(9/8テレビニュース)されるようです。

市長はこのことをどう受け止めているのか、その政治姿勢として施政方針演説で触れてほしかったと思っています。

 


「就労継続支援A型事業所」の閉鎖原因の徹底究明を

7月末、倉敷市内の5ヶ所の同事業所が閉鎖し、障がい者223人が解雇されました。倉敷市によると8月30日時点で再就職が決まった障がい者は45人とのこと。

同様な問題が倉敷市以外の他都市でも発生しています。倉敷市や名古屋に例をみると同事業は2014年~15頃事業開始されており、廃業は助成金の期限が切れるタイミングと符合しています。『計画倒産』の匂いもします。

福祉を食い物にした悪徳事業者?思えてなりません。閉鎖までの経過・徹底した原因解明を強く求めます。


室山貴義氏の死を悼む

(2012・4「玉島市民交流センター」にて)

倉敷市元助役室山貴義氏(88歳)が25日、お亡くなりになりました。氏は室山多香史の筆名で作詞家としても活躍され、倉敷市歌や幼稚園や保育園などの園歌など手がけられました。また倉敷市文化連盟会長として倉敷市の文化の発展に貢献されました。

室山氏は正義感のとても強い方で、『チボリ公園は倉敷の文化に似合わない』と独断専横の渡辺市政と対決し3度の市長選(H7、H8、H12)に挑戦されました。この時の選挙構図は、室山さんを推す勝手連+共産党市議団(4人)+保守系の3市議という極めて異例な選挙母体でした。当時私は、党市議団の団長として党派を乗り越えての候補者擁立を、成功させるために室山氏との政策協定の締結など全力で当たりました。忘れられない正義の闘いでした。尊敬すべき闘いの友室山さん、安らかにお眠り下さい。


潮位表示が見えにくい=玉島地区のライブカメラ

(玉島柏島地先のライブカメラ)

台風シーズンがやってきました。備えは充分か。

岡山県は、平成16年の台風16号の高潮被害を教訓に沿岸7地域にリアルタイムに情報提供ができるようにライブカメラを設置しました。(『地域防災映像伝達システィム』)

先日来の高潮注意報を受けて私は、そのライブカメラを度々開けてみましたが、玉島地区では潮位計がお粗末でとても見にくいのです。もう少しライブカメラにしっかりと認識できるな潮位表示にしてもらいたいと思います。