月別アーカイブ: 2016年4月

戦争遺跡に平和の尊さを学ぶ=旧日本陸軍の大久野島毒ガス工場

~ 広島県竹原市忠海の沖合に浮かぶ大久野島は、 旧日本陸軍が1929年から15年間、毒ガスを製造し、多くの外国人を毒ガスで殺傷した加害の歴史を持つ島です。先日その毒ガス工場跡地を訪れました。

記念の写真

~以下その手記です。お読みください。

 


<日本共産党岡山県委員会> 救援物資第一弾出発しました

13087778_726661907474177_4414271286979775686_n[1]

福岡県委員会確認の<救援物資>は次の通り。

缶詰、乾パン、レトルト食品など日持ちのする食品、飲料水、成人用紙おむつ、トイレットペーパー、ブルーシート、ウエットチッシュ、割ばし、紙皿、紙コップ、乾電池など。

[直接送られる場合]

福岡県福岡市博多区住吉5の6の14 電話 092(411)5131 日本共産党福岡県委員会 救援物資係

 


頑張った 田中よう子さん ありがとう

DSC_08453[1]

告示2か月前の立候補にもかかわらずよく頑張られました。あなたは本当に元気でした。演説を聞いてくださった、 お一人お一人の方との握手を求め随分走られましたね。あなたのお話には、愛がありました。子どもたちの健やかな成長を願う親心、老親の介護をする人々への労い、不安定な非正規雇用労働者の怒り、「教え子を戦場にやるな」とほとばしるような平和への願い、大勢の人々の胸を揺さぶりました。さすがに運動の中から生まれた候補者でした。

一緒にたたかったこの戦いの中から、私は未来への展望を見出すことが出来ました。その芽を育てながら、これからもがんばります。よう子さんありがとう!ご支援くださった皆さま、ありがとうございました。

2016年4月24日

私たちの倉敷市政をつくる会・玉島    代表委員 大本芳子


選挙戦7日目<最後の訴え>玉島地区10:00~12:00

008-saigo

田中よう子さんは、連日の疲れも見せずとても元気です。今日は最後の訴えをしました。日ごとに声援の輪が広がり確かな手ごたえを感じています。農作業の手を休め手を振ってくださる人、通行中の車の中から「今投票に行きましたよ」と言ってくださる人。

田中候補の政策が届けば届くほど手ごたえを感じています。乳幼児医療費無料化運動、学校給食を良くする会の運動の中から生まれた候補者。この芽を大切にし、さらなる運動の強化を目指したいと思います。


選挙戦6日目 田中よう子さん退勤労働者に訴え

016

田中よう子候補は、本日午後より玉島入りし、17:10~17:40まで新港橋で退勤労働者に心を込めて訴えました。クラクションを鳴らしての声援、窓から手を出しての声援をいただき元気いっぱい政策を訴えました。 19:00からの玉島西公民館での個人演説会では、「巨大調理場建設計画は中止し、学校給食は自校方式に」と、自らかかげる政策=3つのゼロ・3つのストップ・3つの提言=を訴え『市政は変えられるお力をお貸しください』と訴えました。


市長選3日目、田中よう子さん新倉敷駅前からスタート

児島4.09[1]

田中よう子さん選挙戦3日目は、新倉敷駅前からスタートしました。4年前と同じく伊東陣営と鉢合わせ。伊東候補の演説が始まると、今回もまた〇〇工務店、〇〇建設などのネーム入り制服組が駅前を埋めました。

いま倉敷市の入札は、「児島市民病院」の入札に見られるように、その価格をめぐって入札制度そのものがくずれるような不正常なことが繰り返されています。制度の改善が求められている折、上記のように建設業者丸抱え的応援は、いかがなものか。今回も市民のひんしゅくを買っています。


田中よう子さん元気いっぱいスタート=倉敷市長選挙きょう告示

13029503_1195030310509570_8008298179553383893_o1[1]

共産党推薦「私たちの倉敷市政をつくる会」の田中よう子さん元気にスタートしました。選挙戦初日の今日は、14:00から16:00まで玉島地域で街頭から訴えました。田中よう子さんの自らの体験に基づいた子育て、教育、医療、介護政策は、女性の大きな共感を呼んでいました。


4年前の市長選の思い出=新倉敷駅前でのこと

しょかつさい

4年前の市長選は、伊東市政2期目の選挙でした。あの選挙で「私たちの倉敷市政をつくる会」の候補者の応援弁士として私は、早朝から新倉敷駅前に居り、伊東市長さんと鉢合わせしました。伊東香織市長が演説を始めると駅前にどこからともなく、〇〇工務店とか、〇〇建設の制服を着た大勢の人々がやってきました。

市長は新倉敷駅前での挨拶が終わると、その足で水島コンビナート企業を縫うように走られたようです。(当日の候補者車運行表)駅前で客待ちをしていたタクシーの運転手さんが、私に云われました。「わしも有権者の一人なのに、わしらには目もくれないで、整列をした企業の人々にのみいい顔をして・・・。市長がどこを向いて、どこと組んで選挙をしているのか、今朝の様子でよく分かった。わしは選挙に行かん」

この運転手さんと同じ気持ちになられた人は、あの選挙で大勢おられたと思います。それが投票率30数%という形で現れたのだと思います。