月別アーカイブ: 2016年11月

<芳子のカメラ歳時記>明智峠からみる冠雪の大山

%e6%98%8e%e6%99%ba%e5%b3%a0

明智峠は岡山県新見市と、鳥取県日野町の境にある(国道180号)標高650mの峠で雲海で有名な峠です。またこの峠は、隠岐の島に配流された後醍醐天皇が通ったとも伝えられています。素晴らしい冠雪の大山を遠望し感動しました。 好いポイントを発見、私の好きな烏ヶ山も見えています。今度は雲海に挑戦しよう。

 


11月議会に向けて市政懇談会=共産党倉敷市議団

日本共産党倉敷市議団主催の「市政懇談会」に参加しました。

懇談会では、まず議員団がこの間、取り組んだ諸般の報告として①省庁交渉の中身 ②来年度予算要求での市への要望項目の主なものについて田邉昭夫幹事長が019報告。続いて11月市議会に提案されている予算の中身について末田正彦団長からの説明がありました。

懇談は、公共交通の充実、防災対策、学校教育、保育所問題など多岐にわたっての要望が出されとても活発な懇談会でした。また先の知事選ではその直前の参議院選で出来た野党共闘がなぜできなかったのかという意見と感想も出されました。

 


大先輩 臼井章子さんを偲んで=倉敷自分史教室

%e3%81%86%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%95%e3%82%93

「倉敷自分史教室」の最古参臼井章子さんが、先月88歳で亡くなられました。今日の11月例会では、各自の作品発表会の後、臼井章子さんを偲んで茶話会をしました。

「自分史くらしき19号」(10・13日発行)の「病に負けないで」が彼女の最後の作品となりました。その一文をご紹介します。~なんといっても米寿まで生かしてもらっている私です。最後はピンピンころりと、亡夫のもとに、転がり込んでいきたいと思っている今日この頃です。~

「今頃は、ご主人の処までたどり着いたかしら?」「まだまだ10万億土といわれているから、今一生懸命歩いている最中・・」話に花が咲きました。明るくて爽やかな偲ぶ会になりました。


「鎮江市健康産業視察団」歓迎夕食会

rounoki

倉敷市は平成6年(1997年)11月、中国江蘇省鎮江市と友好都市提携を行い、相互交流を深めてまいりました。昨年は同市より、環境保全友好使節団が来倉。

今年は「健康産業使節団」6人が11・7日~11・8日まで倉敷に来られ、美観地区の視察、医療・介護担当部署との懇談、都市景観保護の担当部署との懇談、先進医療機関視察など多彩な視察をされています。

今夕18:30より同視察団を歓迎し夕食会が倉敷市国際交流協会主催で行われます。我が日中友好協会倉敷支部も理事5人が参加します。なおこの歓迎夕食会に先立ち昨夜は、鎮江市と親交の深い方々による「懇親夕食会」も催されました。

最近日中間は、南シナ海問題にかかわる中国側の突出した行動や、核兵器廃止条約に逆行した言動など、国レベルではぎくしゃくした最悪の環境ですが、自治体間の交流や民間団体間の交流をさらに発展させ、隣国中国との友好はもっともっと強くしていかなくてはなりません。


田辺まみ(倉敷市議選予定候補)キャラバン出発式

001

本日から12日(土)まで、選挙本番リハーサルもかねて、「田辺まみキャラバン」を行います。8:00にその出発式をしました。出発式での私の挨拶をご紹介します。

”うららかな春は きびしい冬の後にやってくる 可愛い蕗の薹は霜の下で用意された” (宮本百合子) 冬が厳しいほどやがて迎える春の喜びは、大きく希望にあふれます。大志を胸に抱いてまみさんがんばってね。