月別アーカイブ: 2016年12月

稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝に抗議します。=日本中国友好協会本部

日本中国友好協会本部は29日、稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝に対する抗議声明を稲田大臣宛てに送りました。全文を添付します。お読みください。


<歳末点描> 来年の干支は酉

%e3%81%a8%e3%82%8a

玉島だるま虎製造所(玉島乙島)さんから来年の干支「酉」を頂きました。製作者の中桐さんは、85歳のご高齢です。私は毎年暮れには、次の年の干支を頂きに行きます。中桐さんは「もう犬はできんかもわからん」ポツリと言われました。


玉島地区7つ目の集い=穂井田小学区で

12,23kutinasi

最近FBの調子が悪く書き込みができません。残念です。

(いままでFBに書いてきました)各学区単位の「戦争・平和・憲法と日本共産党」の集い7回目は、穂井田地区に決まりました。昨日、町内会長さんに集い開催のお願いをしたところ二つ返事で引き受けてくださいました。この地区は市議在任中、産廃問題で何度か集会や学習会を持った地域です。


この頃思うこと =三菱自動車の臨時総代会

新聞報道によると三菱自動車の臨時株主総会が、12月14日開かれましたが、株主の出席は317人で6月に開かれた定時株主総会の出席者数を4割も下回ったとのこと。

これは燃料不正問題など度重なる不祥事に対する厳しい世論の反映ではないでしょうか。不正問題を契機に日産から34%の出資を受け入れ日産の傘下となった三菱自工が自らの手による信頼と業績の回復は今後どうなるのか。三菱自動車城下町倉敷市の気になることです。001-mitubisi11


自国民の年金はカットし途上国の女性支援に3500億円

nanntenn

12月13日に東京都で開催された、政府主催シンポジュウム「国際女性会議」で、安倍晋三首相が発展途上国の女性を対象に3500億円規模の支援をすると表明しました。

安倍政権は「女性の活躍推進」を掲げていることから、選挙へのアピールも考えてのことだと思いますが、他国へのばらまきは度を越しています。自国民の年金はカットする一方で国民から巻き上げたお金を世界にばらまく誰が考えても不正常です。

 


明日は今年最後の「自分史教室」

 

img_2173

12月例会は、私の作品発表月です。12月~来年3月まで、倉敷公民館が耐震補強工事のため使えないので倉敷駅前の男女共同参画推進センター「ウイヅアップ倉敷」に場所を移動して例会を開きます。

今月の私の作品は、「婦人参政権ハ海南ノ某一遇ヨリ始マル」の碑を訪ねて1996年2月、高知市を訪れた時のことです。

婦人参政権ハ海南ノ某一遇ヨリ始マル

             大本芳子

「婦人参政権ハ海南ノ某一遇ヨリ始マル」
私がこの碑を訪ねて高知へ行ったのは、一九九六年二月の、とても寒い日でした。
私の友人であり、部落解放運動や、母親運動の大先輩、故中村マサエさんから、全解連婦人部の研修会で「何か話をしてほしい」と頼まれました。私はあれやこれやと迷った末、一九九六年四月一〇日が、婦人参政権行使五〇周年にあたるのを思い出し、テーマを「婦人参政権について」と決めたのす。婦人参政権の発祥の地高知市を訪ねたという訳です。

私の父は高知市生まれです。私は子どもの頃、父から高知の自由民権運動家の話をよく聞かされました。坂本竜馬や、中岡慎太郎、武知半平太の話を特によく聞かされました。
高知人を代表する言葉に、「いごっそう」「はちきん」などの言葉があります。私は平、素から、自分の体の中に、―高知人の血が騒ぐーそういうものをよく感じてきました。

さて、婦人参政権の先駆者楠瀬喜多は、「はちきん」(お転婆、岡山弁では、はちまん)そのもののような人だったようで、くさりかま武道の免許皆伝者でもあったとか。
自分をからかった、若侍たちと鏡河原で立ち回りを演じたとも言われています。藩の剣道師範、 楠瀬実に見染められて結婚しましたが、夫はその後病死しました。

一八七八年(明治十一年)区議会議員の選挙があった時、未亡人戸主である喜多が、投票に行くと、「婦女は戸主でも規則として議員の選挙権がない」と言われ、「納税しているのに、女だから選挙権がないというのはおかしい。本来義務と権利は両立するのがものの道理だから、選挙権がないのなら納税しない」とかみつき、それを実行しました。

ところが県から督促状が来たので、それに対し文書で自分の意見を書いて提出し、回答を要求しました。県は規則を述べるだけにとどまり、そのことに対しては何ら回答なし。それを不満として喜多は、内務省へ訴え出ました。

これが、婦人参政権への第一歩となり、全国紙大阪日報、(明治一二年一月二六日付)東京日日新聞などでも大きく報道されました。(自由民権記念館資料)