豊島屋さんちの「つるし雛」

022

玉島中央町の豊島屋さんの「つるし雛」今年も話題を呼んでいます。

つるし雛が始まったのは江戸時代と言われています。当時ひな人形は、とても高価なものでなかなか手に入らないものでした。だけど生まれてきた子どもの幸せを願う気持ちは皆んな一緒。お母さん、おばあさん、近所の人たちまで皆で少しずつ小さな人形を作り持ち寄って「つるし雛」が作られ始めたのです。みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「つるし雛」です。


豊島屋さんちの「つるし雛」」への1件のフィードバック

  1. 七誌

    いわき市からの到来物のようですね。
    子供の頃、折り紙を折ったのを思い出しました。

    雛壇は段々が階層みたいになっていて好きになれません。

コメントは停止中です。