77歳の敬老記念品贈呈は3月で廃止へ =倉敷市敬老記念贈呈事業

(我が家の畑の土筆踏みそうです)

倉敷市は、今まで77歳、88歳、100歳とその節目の年に長寿をお祝いして、記念品を贈呈していました。それを29年度からは、88歳と100歳のみにしその事業の対象者から77歳を外し、その予算400万円を減額しました。(ちなみに77歳の場合1000円相当)

市当局の打ち切り理由説明では、「健康寿命延伸を図る政策を強化するため」としていますが、何をどうするのか示さぬままの同事業の縮小は乱暴です。