百歳雛初めて見ました

先日、句友と鞆・街並みひな祭り(2月18日~3月20日)に行きました。福山市重要文化財太田家住宅の建物にある「百歳雛」は驚きでした。

百歳雛とは、長寿の願いを翁と媼の姿に託した変わり雛で、ともに白髪となったおめでたい人形。健康と長寿を祝う変わり雛として、江戸時代からつくられてきました。


納得がいかない倉敷市28年度補正予算[ケーブル損傷事故賠償金」

聞くところによりますと、倉敷市立連島西浦幼稚園に埋設されている地中ケーブルを、業者が工事中に損傷したという事で、その賠償金7533万円を倉敷市が全額負担するという事ですが、なぜそうなるのかよく分かりません。

私は、この事故賠償金について疑問があります。業者に責任はないのかということです。市によりますと、「工事発注時、敷地内に埋設されている地中ケーブルについて業者にその確認指示をしていなかった」と市はあっさり市の非を認めています。

たとえ市側の指示がなかったとしても、地下埋設物等を確認するのが、工事施工にあたっての業者の常識ではないのかそう思えてなりません。賠償金7533万円は大金です。市民の血税です。


言動不一致の倉敷市議会=議長選をめぐって泥試合

倉敷市議会は平成25年4月1日、議会改革をめざして「倉敷市議会基本条例」を制定しました。ところが今回の議長選出はそれに逆行する、会派の主導権争いの醜い泥試合が展開された。10回の代表者会議を断続的に開き、開会から12時間以上たってやっと議長が選出されました。

倉敷市議会基本条例の第7条に、議長は中立公正な職務遂行に努めるとともに、民主的かつ効率的な議会運営を行う。とあります会派の利益丸出しの泥仕合で生まれた議長にこの任務が遂行できるのか。議会改革をしなくてはならないのは議員の頭の中ではないのか思えてなりません。


北九州市議選の快挙ばんざ~い②

倉敷市議選の1週間後、寒さも底かと思われる極寒の中、本当にお疲れの事と思います。改めてその偉業に敬服いたします。

定数4減のもと、1議席増の(10人)全員当選。調べてみますと10候補の得票合計42,990票(得票率13・8%)、前回42,677票(得票率12・9%)。得票数・率とも前進、まさに快挙です。低空飛行だった倉敷市議選の後だけに注視していた戦でした。元気をくれてありがとうございました。貴市党に深く学びたいと思います。

 


継承から発展へ=<倉敷市議選>党2議席新旧交代で現有議席確保

「1月はいぬる」 選挙に明けて選挙で閉じた1月でした。4人とも低空飛行でハラハラしましたが、見事新旧交代選挙を成し遂げました。改めて候補者のみさんのご奮闘に心から敬意を表します。あわせて後援会、党支持者、党員の皆様に感謝申し上げます。

私は、元議員という立場で、「何が何でも私の後継者を!」の思いでこの選挙獅子奮迅に戦いました。しかし全体として党候補に頂いた得票は、12000票を下回る過去最低のものでした。なぜこういう事になったのかしっかり分析しなくてはなりません。新しい発展のために!今日はその総括会議です。


2017年が始まりました

日中国交回復45年、沖縄返還45年、盧溝橋事件・南京大虐殺80年、憲法施行70年など今年は多くの節目の年です。

安倍内閣の平和・日中友好と逆行する危険な動きを許さない闘いを一層強める年です。大志をもって頑張ります。先ずは倉敷市議選勝利から!


稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝に抗議します。=日本中国友好協会本部

日本中国友好協会本部は29日、稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝に対する抗議声明を稲田大臣宛てに送りました。全文を添付します。お読みください。


<歳末点描> 来年の干支は酉

%e3%81%a8%e3%82%8a

玉島だるま虎製造所(玉島乙島)さんから来年の干支「酉」を頂きました。製作者の中桐さんは、85歳のご高齢です。私は毎年暮れには、次の年の干支を頂きに行きます。中桐さんは「もう犬はできんかもわからん」ポツリと言われました。


玉島地区7つ目の集い=穂井田小学区で

12,23kutinasi

最近FBの調子が悪く書き込みができません。残念です。

(いままでFBに書いてきました)各学区単位の「戦争・平和・憲法と日本共産党」の集い7回目は、穂井田地区に決まりました。昨日、町内会長さんに集い開催のお願いをしたところ二つ返事で引き受けてくださいました。この地区は市議在任中、産廃問題で何度か集会や学習会を持った地域です。